工場勤務で頻発!腰痛になった勤務者たち…治療法、予防法、原因は?!|バイト・求人探しはcoper

工場勤務で頻発!腰痛になった勤務者たち…治療法、予防法、原因は?!

更新日:2017/09/07 17:07:01

工場の仕事って、意外と腰痛になりやすいですよね。普段取らないような体勢を続けているから、どんどん腰に負担がかかって、最終的に痛みが強くなってしまうんです。中には慢性的に抱えている方も出ていて、これが原因で仕事を休んでしまうこともあるんです。若い人でもこうした傾向は多くなっていて、1年くらいで慢性化した腰痛を持ってしまう人も出ています。
あなたは工場の仕事をしている時に、腰痛に悩まされていることはありませんか?もしかしたら原因は体の使い方にあるかもしれません。

 

工場勤務で腰痛持ちに・・・簡単な腰痛の治療法とは?

工場で仕事をしている時に、腰痛になってしまったらどうすればいいのでしょうか。いきなりお金を使って整体を利用したり、コルセットを購入して取り付けるなんてことは避けたいものです。ここで実施しておきたいのは、ストレッチによって腰痛を改善する方法です。ストレッチを毎日続けていると、腰の負担が改善されて、痛みが軽減されていきます。
ストレッチの方法ですが、腰痛には多くの原因があります。太ももの裏が固くなっていて腰痛となっている場合と、股関節が固くなっていて起きている場合も多いです。まずは股関節をゆっくりと伸ばしてみましょう。股関節を1分くらい伸ばしておくと、徐々にですが腰の負担が軽減されていくような感じになります。
太ももの裏が固くなっている場合は、ここを柔らかくするためのストレッチを行います。横になって足を上に上げて、タオルを使ってギリギリまで伸ばしていきましょう。すると太もも裏の筋肉が刺激されて、腰痛を改善できる効果を与えられます。

 

腰痛の原因判明!日々の勤務での積み重ねが原因?!

腰痛になりやすい原因としては、日々の仕事で同じ体勢を取り続けていることが原因になります。普通の体制ならいいですが、腰を曲げている体勢を続けていると、自然と腰に多くの負荷がかかります。最初のうちは気にしなくてもいいくらいの状態ですが、長く続けていると腰が痛くなってきます。何度も同じような体勢を続けていることが、腰痛になってしまう原因です。
特に工場での作業の場合、前かがみで仕事をしていることも多くなってしまいます。前かがみを取っていると、腰が通常の位置よりも前に出ていますので、負荷がかかりやすくなります。少しだけならいいですが、工場の仕事は8時間くらい行っていますし、休憩を入れてもそこまで改善されません。つまり長い時間蓄積されている無理な体勢によって、腰痛の原因を作っているのです。

もう1つの原因として、太ももの裏が硬くなってしまう仕事を行っていることです。立ち仕事を行っているので、自然と太ももの裏が伸びているような感じになります。曲げる事ができないままの状態を続けていると、どんどんここが硬くなってきます。
硬い状態を続けていると、腰の負担が大きくなってしまい、前かがみを行っていないのに腰に痛みが出てしまう状態になります。これも日々の積み重ねが原因となっていて、最初のうちはなんとも思わないのに、どんどん痛みが強くなっていく問題に直面するんです。

 

腰痛を持たない工場勤務者になるために腰痛の対策とは?!

腰痛の対策は、同じ体勢を続けていることの問題を解消しなければなりません。しかし工場で仕事をしている方にとって、作業中の体勢を変えることは難しいでしょう。しかし空いている時間は用意されているはずです。空いている時間帯に体勢を立て直して、腰に負担がかからないような体勢を取っていると、あまり影響が大きくなりません。
次に行っていく方法としては、毎日夜になったらストレッチを行って、いい状態をキープしていることです。お金をかけなくてもいい方法で、しかも仕事をしていない時間帯でしっかりストレッチを行っていると、次の日の朝にはいい状態でスタートできます。体勢を立て直せる時間がないなら、夜のうちにストレッチでいい状態にしてから、次の日に仕事をする形にしましょう。
休憩時間に対策をするのもいい方法です。座れるところがあるなら座り、足を伸ばすようにしてストレッチを行ってみましょう。これだけでも負荷を減らせるようになりますので、休憩時間の有効活用をしっかり行い、腰の状態を戻しておくのです。

どうしてもお金をかけないと難しいなら、コルセットを巻いてから仕事をするのもいいでしょう。コルセットをつけていれば、負担は小さくなっていきますので、腰の負担は軽くなります。ただ自分の腰に合わせて巻かないと効果が得られません。市販されているもので対策ができない場合もあるので、医師に相談してから購入を検討してください。

 

まとめ

工場の仕事は、腰痛になりやすいとされていて、特に長い時間仕事を続けていると慢性化します。ヘルニアになる可能性もありますから、なるべく対策を行っていくことと、ストレッチを実施していくことが望ましいです。
長期で仕事は難しいと思っているなら、期間工を考えてみるのもいいでしょう。期間工は3ヶ月や6ヶ月の更新となりますし、休憩時間や仕事時間もある程度制限されていて、腰の負担が軽減しやすいです。住む場所も用意してくれるので、夜にストレッチをゆっくりできる環境も整えられますよ。



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録