工場勤務での障害にもなっている人間関係の悪さの解決策を考えてみた!!|バイト・求人探しはcoper

工場勤務での障害にもなっている人間関係の悪さの解決策を考えてみた!!

更新日:2017/09/06 10:58:49

工場の仕事上で障害になるのは人間関係の悪さ?

昔から工場の仕事というと何かと悪いイメージが付きまとうものです。

特に工場勤務では人間関係が最悪だ!工場の雰囲気はすこぶる悪い!といったことを言う人も確かにいます。

どうやらその原因の多くは仕事の辛さによるストレス、それからごく一部の常識の無い人たちの影響によるところが大きいようです。

一般のお仕事に比べると工場の仕事は面接で受かりやすく、社会常識が足りないような人でも簡単に入社できてしまいます。

いわゆるDQNとか言われる人たちのことです。

そういう人は現場でのチームプレイや上司の指示通りに仕事をこなしたりするのが苦手で、暴言を吐いたり仕事を放棄したりする事が多々あります。

一人の従業員が作業を遅らせたり欠勤したりすると、他の人が仕事をフォローしなければならくなります。

そうすると、それが周囲の人間のストレスになってしまい、ただでさえ体力的、精神的に辛いお仕事なのに、その人の分まで働く必要があるので余計に疲れる原因になってしまうというわけです。

しかし別の言い方をすると、採用基準がしっかりしていて仕事の内容が楽な工場であれば、ストレスによる職場の雰囲気の悪さはずいぶん改善される可能性があるということです。

給料面だけでなく、そういった職場の環境などにも気を配りながら職選びをする必要があるのかもしれません。

 

工場の職場に続出!変わっている性格の人が多い?!

工場のお仕事の評判が悪いのは2chなどの投稿サイトの影響もあると思います。ああいった場では、どうしても悪口のほうが多くなってしまいますから、悪いイメージが先行してしまうのは仕方の無いことかもしれません。

でも実際にはそう悪いことばかりではないんです。面接に通りやすいから変な人や面白い人もたくさんいますし、言い方は悪いですが、この人頭おかしいんじゃ!?って思うくらいのとんでもない人もいます。でもそういう人のすべてが職場に悪い影響を及ぼしているとは限らないんですよね。

単純に見てて面白かったり、話してみると実はすごく良い人だったり、関わり合いにならない限りは話のネタとして使えたりと、まぁそういう考え方も出来るわけです。

ピリピリと緊張感の張り詰めたオフィスワークよりも、工場の雰囲気のほうが性に合ってる、なんて人もきっといるはずですよ。

悪いイメージにとらわれすぎず、変な人や頭おかしい人とも上手に付き合っていきましょう(笑

 

変わっている人が多い工場勤務するなら人間観察を磨いて楽しむ!!

どんな仕事でも人間関係というものは悩みのタネです。職場でのパワハラやイジメなんてことになれば笑い事では済まされませんが、そういったものではなく、多少変わっている人や態度が大きい人、おかしな言動をする人なんかがいる場合には、思い切って「人間観察」するのもありだと思います。

例えば、おばさんが多い職場なら社員とおばさんとのやり取りに注意してみてください。社員よりもおばさんたちのほうが権力が上なんじゃ?と思える場面に遭遇するかもしれません。

また、職場にいろいろな「派閥」があるような職場なら、新しい人が入った時に派閥のリーダーらしき人たちがどう動くかを観察してみる、なんてのも面白いかもしれませんね。

女性が多い職場に派閥ができることが多いようですよ。

私は人間観察が趣味です!みたいに言う人もいるくらいで、こんな感じで人間性を観察するのってけっこう面白いものみたいです。工場に集まる人たちは確かに変な人が多いですから、そういう人たちと上手に付き合いつつ、また少し距離を保ちつつ人間性を観察できるのであれば、あなたは工場の仕事にものすごく向いている人材と言えるのかもしれません。

工場の仕事は単調なものが多くて退屈だったりしますが、長く働いている人たちは飽きないようにいろいろな工夫をこらして仕事を続けています。

人間観察も仕事を飽きないようにするための一つの方法として使えるかもしれませんから、一度試してみることをおすすめします。

 

変わりつつある工場勤務の環境!!

しかしよーく調べてみると、実際は工場のお仕事が楽しい!楽だ!という意見も想像以上に多く、場合によっては高給・高待遇・軽作業・おまけに休みも多い!なんていう職場もあるみたいです。

どんな仕事だろうと結局は職場次第だし良いところも悪いところもあるだろう。と思う方もいらっしゃるでしょうが、「工場」という仕事に関しては事実と反して悪いイメージが蔓延してしまっているのではないかなーと思うところがあります。

工場の仕事は安い賃金で立ちっぱなしの仕事、体力仕事で休みがない、人間関係も悪い、そんなイメージを持つ人もまだまだたくさんいるようです。

しかしそんなものは大昔のイメージで、現在の工場の仕事環境は大きく変化しています。

最も良い例なのが寮です。昔は「タコ部屋」と呼ばれる部屋に数人が押し込まれて、共同生活をしていることも多かったようです。赤の他人がそんな近い場所で生活していたら人間関係が悪くなることも多かったのではないでしょうか。

今でも共用トイレや浴場などでのトラブルがありますからね。

しかし今の工場の寮はほとんどがワンルームです。他の人に気を使うことなく一人の空間でリラックスできますから、昔に比べれば精神的にはずいぶん楽になっていると言えるはずです。

つまり、工場の仕事環境は年々良くなって楽しい職場も非常に多い。でも昔の悪いイメージがなかなか払拭できずに残っている、というのが現状なんだと思います。

工場の仕事が100%楽しいものだとは言えませんが、実際のところがどうなのか、きちんと把握したうえでお仕事の良し悪しを判断してもらいたいところですね。



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録