20代で働くなら工場は避けるべき?!|バイト・求人探しはcoper

20代で働くなら工場は避けるべき?!

更新日:2017/11/01 15:53:56

今回の記事は「20代の方の為の仕事探し」がテーマです。20代の方が仕事を探す場合、営業・運送関係・販売・製造など、様々な仕事が選択肢としてあがってくると思いますが、今回はその中でも「工場で働く」という事にポイントを絞って、そのメリット・デメリットをお伝えしたいきたいと思います。

工場での勤務と聞くと、どうしても「きつい」「汚い」などのネガティブなイメージばかりが先行するようですが、実際のところはどうなのか?という点についても、しっかりお伝えしていきたいと思います。


工場勤務がおすすめしないポイントとは?

 

まず、数ある仕事の中でも、工場での勤務が敬遠される理由は、一体なんなのでしょうか?それらの理由について、三つほど挙げてみたいと思います。

 

1.仕事がきついというイメージがある

たしかに、工場での仕事は、重たい部品を扱ったり、冷暖房の効いていない工場内での作業が続いたりして、体力的に厳しいというイメージがあります。では、他の仕事では楽に仕事が出来るのでしょうか…?このあたりの事については、この後詳しく触れたいと思います。

 

2.給料が安いというイメージがある

次の敬遠される理由は”給料が安いのでは?”というイメージがある事です。たしかに工場勤務の求人を見てみると、月給は20万円前後で、手取りは20万円を切るケースもあります。しかし、これもしっかりと求人を探せば、高い給与をもらえる工場勤務の仕事は、いくらでもあります。

 

3.スキルが身に付かないというイメージがある

三つ目のポイントは、将来の為のスキルが身に付かないのでは?というイメージがある事です。たしかに、流れ作業などを担当する工場勤務の場合は、それほど高度な技術は必要ではなく、スキルアップにはつながらないのでは?という印象は否めません。しかし、実際のところはどうなのか…。この点についても、この後詳しく解説していきたいと思います。

 

①工場勤務って肉体的にも精神的にもつらい!

 

では、工場勤務でよくあるイメージ…。「工場勤務はきつい」という点について、実際のところはどうなのか?口コミもチェックしながら、一緒に考えていきましょう。

 

実際の工場勤務を経験した方々の口コミを見ていると、みなさん口々に「工場はきついよ」という言葉をよく耳にします。しかし、殆どの方は「きついけど、すぐに慣れるし、全然大丈夫!」となるようです。

 

例えば、慣れない工場勤務で一日中立ちっぱなしの作業が続く場合などは、足腰が痛くなるでしょうし、最初のうちは疲れることも多いと思います。しかし、そんな慣れない作業も2週間程度あればみんな慣れてきます。一見して綺麗な仕事と見えがちな営業の仕事でも、一日中得意先をまわれば、足が棒のようになり痛くなります。体力的にきついのは、何も工場勤務だけではない…という事になります。

 

また、一日中同じ作業で精神的にも辛い…とこぼす人も居ます。たしかに、これも最初のうちは慣れない為にそう思うのも無理はありません。では、逆に営業の仕事などで変化はあるものの、毎日違う顧客から怒鳴られたりクレームを付けられたりする、変化のある毎日のほうがいいのでしょうか?人は自分のやっている仕事と異なる仕事を見たときには、どうしてもそちらのほうが楽しく見えてしまうものですが、結局のところはどんな仕事をしても、辛いときは辛い…という事になりますね。

 

②自分のスキルアップにつながらない!

 

次に、工場勤務をしているとスキルアップにつながらない…という意見について、考えてみましょう。たしかに、一日中ボルトを締めたり、一日中組立作業をする場合、毎日同じ仕事をするので、スキルアップにはつながらないのも事実です。しかし、この点も本人の考え方一つで、変わってくるという事にお気づきでしょうか?

 

例えば、毎日単調な仕事であっても、作業工程一つ一つを疑問視しながら見る癖をつけ、少しでも効率化するためには、どうすればいいだろうか?などという視点で、業務改善に取り組むことだって可能です。このような考え方で仕事をすれば、いくら単調な仕事でも、様々な視点を持つスキルが身に付き、将来工場勤務以外の仕事に就いたとしても、役に立てる事が可能になります。

 

③若いなら他の仕事が良い!!

 

ここまで、工場勤務のデメリットについていくつかご紹介し、「でも工場勤務は悪くはないよ…」という見方も出来る…という感じで記事をお届けしてきました。しかし、この記事を読まれている方々は、20代の方々です。20代なら、求人サイトを見ても、本当にたくさんの仕事から選ぶ事が可能ですし、将来のスキルアップを考えるなら、営業の仕事や販売の仕事、または人事や管理関係の仕事などの専門職も視野に入れて検討してみたほうがいいのでは?と思います。

 

ただ、選択肢の中には、必ず工場勤務も入れておかれる事をお勧めします。例えば、工場勤務の中には、期間工という働き方もあり、期間工は20代では考えられない程の収入を得たり、将来大手企業の正社員になれるなどのチャンスがたくさんあるからです。このあたりの事については、この後詳しく触れていきたいと思います。

 

工場勤務だからこそのメリット!

 

先の項でも少し触れた、期間工として工場勤務をする場合のメリットについて、詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

1.体力的には少しきついがその分給料が高い

期間工として工場勤務をする場合は、やはり重たい部品を扱ったり、慣れない作業をする場合があるので、たしかに体力的には厳しいものがあります。しかし期間工の場合は、その辛さも2週間程度で慣れますし、その辛さが報われるほどの高い給料が支払われます。期間工なら、満了慰労金などの手当ても含めて、年収400万円も夢ではありません。20代で年収400万円と聞けば、たしかに魅力的ですよね。

 

2.わざわざ部屋を借りなくても無料の寮がある

20代の場合、1人暮らしに憧れることもあるかと思いますが、期間工には殆どの場合、無料の寮が与えられます。また、それらの寮は寮費が無料なだけではなく、水道光熱費も全て無料になっていますので、先ほど述べた給料の殆どを貯蓄に回すことも可能です。期間工として働く人の中には2000万円近くもの貯金をしている人もいるくらいです。

 

3.大手企業の正社員になれる

期間工として働く期間は最長でも2年11ヶ月と決まっていますが、その期間が終了した時に、上司から推薦をもらえれば、その企業の正社員になるチャンスがやってきます。期間工を募集している会社は、世界的にも有数の優良企業ばかりですので、期間工の工場勤務を経て、正社員になれるなら、ちょっと考えてみても良さそうですね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?工場勤務と聞くと、どうしてもネガティブなイメージばかり持ってしまいがちでしたが、実は考え方を変えたりするだけで、工場勤務も魅力的であるという事はご理解いただけたかと思います。

また期間工という働き方には、とても魅力的なポイントがある事もおわかり頂けたかと思います?

 

どんな仕事を探すうえでも、ネット上にはネガティブな口コミは多いものです。しかし、肝心なのは自分でよく調べて、自分の目で判断する事です。今回の記事が、今後の仕事探しのお役に立てればうれしいです。




 



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録