工場の軽作業はきつい?だけど人は集まる!その理由とは?|バイト・求人探しはcoper

工場の軽作業はきつい?だけど人は集まる!その理由とは?

更新日:2017/09/05 10:15:59

工場求人に限らず、「軽作業」ってよく見かけますね。
これってどんな作業のことをいうのでしょうか。
「軽作業」という言葉には、客観的な定義はなく、求人する側の主観とのこと。
「難しい専門知識を必要としない作業」という解釈もあるようです。
工場求人の軽作業にあてはまるものとして、仕分け、ピッキング、検品、倉庫作業、解体、梱包、搬入、設営、値札つけ、組立、加工、清掃などがあります。
これらは一口に「軽作業」といっても、品物によってはかなりきつい仕事が含まれていることも事実。
たとえば、仕分けひとつでも、小さくて軽い製品と金属部品のようなものでは体力的には全く違ってきます。
軽作業は簡単ですが、だから楽ということではないのは事実のようです。
こうした軽作業を含めて、工場の仕事について詳しく見ていきましょう!

工場で働くことの誇り

工場というと、一昔前まではとてもイメージが悪かったのではないでしょうか。

黒い煙を吐く煙突や、仕事にあぶれた人が日雇いで働くような描写も、昔の映画の中には出てきたりします。

こうしたイメージとは違って、現代の工場はとてもクリーンで先進的。

かつ、安全対策や労働者の職場環境改善も細かくなされ、最先端の技術を日常的に体感できる職場であるといえます。

とくに、日本の製造業は世界でも精密で徹底している最高の技術を持っています。

海外に工場が移転されることも多くなりましたが、やはり日本の工場でできたものといわれれば、安心感がありますね。

軽作業一つでも、面倒な手順を踏むのが日本式です。

「何でここまで」と思うこともありますが、それが高いレベルの製品を作り出し、世界の製造業を引っ張っる原動力となっているのです。

工場の仕事は軽作業以外もいろいろ

工場の仕事は、軽作業でも楽な仕事ではないことは前述のとおりです。

ただ、なかには本当に簡単で楽な作業もあり、その見分け方は「女性」の募集をしているかどうかだといいます。

アパレル関連の梱包、書類整理、伝票整理などは女性の募集が多く、こういった仕事は軽作業のなかでも比較的楽な仕事。

それでも、主観的なものですからはっきりとはいえません。

工場の仕事には、期間工というものもあり、こちらの仕事も女性の募集があります。

期間工は、自動車製造や半導体製造に見られる雇用形態で、待遇がいいのが有名。

組立や検査などの仕事があり、女性は小さな部品の組立や検査業務が多いようです。

大手企業に直接雇用されるので、検品アルバイトや短期バイトとは違い、圧倒的に待遇がよいとされています。

工場の仕事は、きついのはきつい

こうした期間工ですが、他の軽作業と同様で仕事がきついのはきついです。

梱包や仕分けの軽作業でもいえますが、軽い品物でも数キロから十数キロはありますから、これを一日中上げ下げするのは筋トレと同じ。

慣れない間は、かなりの筋肉痛を伴いますし、毎日クタクタになるほど体力を消耗します。

こうした、筋肉痛や体力の消耗は工場勤務がきついといわれる一番の理由です。

ほかにも、不自然な姿勢で一日作業することがあったり、工場の種類によれば一日中40度くらいの暑いなかで作業をすることもあります。

ライン作業では、流れ作業ですから、集中力をもって時間内に自分の仕事をこなさなければすべての仕事が止まってしまいますし、ぎりぎりできる程度の時間しか割り当てられていません。

やりがいとモチベーションはそれ以上!

工場の仕事には、こうした「きつさ」を上回るやりがいとモチベーションがあります。
それは「稼げる!」「休める!」「やりがいある!」「人間関係も楽!」ということ。
期間工の場合、給料も月収例が30万円以上と高額。
年収では400万から、最も多いもので500万円ともいわれています。
また、お休みは土日休みの週休二日。
ゴールデンウィークや夏季休暇、冬期休暇ももらえます。
有給休暇も取得できます。
工場の仕事は、結果が目に見えますからやりがいもあります。
街で走っている車を見て、「あれ、俺が作ったやつ」なんて言える仕事。
人間関係も、ほとんど煩わしいことはありません。
短期間で数百万円の貯金ができますから、「起業したい!」「留学したい!」など、夢のある方にもおすすめ。
こうしたモチベーションが期間工を成功させる肥やしになります!

まとめ

工場の軽作業についてみてきました。

結論は、「軽作業でもきついものは多い」ということ。

工場の仕事には、様々なものがありますが、なかには期間工という雇用形態があり、待遇がとてもいいこと。

同じように工場で働くなら期間工がおすすめであること。

工場で働くには、やはり体力は必要です。

それでも、しっかりと対策をしておけば、つらさも半減。

市販のテーピングやサポーターを用いて筋肉痛を予防し、入浴で体を温めて、仕事に慣れるまでは睡眠と栄養をしっかりと摂ること。

こうした小さな対策で慣れるまでを乗り切れば、難しい専門知識を必要としない作業ですから、楽なものです。

ぜひ、期間工で工場勤務のつらさを乗り越えて、たくさん稼いで、たくさん休んで、日本の製造業を引っ張ってください!



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録