【工場勤務希望者必見!】使える資格とは。そもそも資格は必要?|バイト・求人探しはcoper

【工場勤務希望者必見!】使える資格とは。そもそも資格は必要?

更新日:2017/09/05 10:12:35

工場勤務をお考えですか?
今持っている資格を有効に使いたい!
工場勤務のためにこれから資格を取得したい!
そんな方もたくさんいらっしゃると思います。
ここでは、工場で役に立つ資格にはどんなものがあるのか、どうやって取得するのか、そういったことを含めて、製造業全般について解説していきたいと思います!
工場勤務のための資格を選ぶ決め手は、「自分がなにをしたいか」
工業系の資格は、ものすごい数があり、種類はさまざま。
内容も全く違います。
なので自分のしたいことにあった資格を選ぶことが一番大切です!
まず、自分がしたい仕事はなにか、どんな工場で働きたいのか、よく考えてみましょう。
そこで必要な資格はどんなものがあるでしょうか。
じっくり見ていきましょう!

製造業はまだまだ伸びる!

2017年3月に公表された経済産業省の「製造業を巡る現状と政策課題」によると、自動走行、ドローン、ロボットなど、第4次産業革命により、「今後は全般的に明るい見通し」との見解が示されています。
自動車の自動走行やドローンなどは、毎日のように話題にあがって来ていますね。
第2次産業として行き詰まったイメージが先行する製造業ですが、GDP、就労人口とも全体の2割を占める重要な基幹産業。
簡単にいうと、まだまだこれからどんどん伸びる産業だということです。
ましてや、日本の工場は最新の技術が次々と生み出されていく最先端の現場。
工場で働くということは、世の中を創っているといっても過言ではない、やりがいのある仕事なのです!

使える工場系資格

そんな工場で役に立つ資格は、分野別でも違います。

加工作業に関わるものであれば、自動車整備士、アーク溶接作業者、プレス金型取替作業者など。

クレーンやリフトであれば、フォークリフト運転技能者、クレーン・デリック運転士、移動式クレーン運転士、玉掛作業者など。

危険物や設備系では、危険物取扱者、ボイラー技士、電気工事士など。

職場環境の管理では、衛生管理者、安全管理など。

こうした資格は、実務経験が必要なものや、専門の課程を就学する必要があるもの。

すぐに取れる資格は、アーク溶接作業者、プレス金型取替作業者、フォークリフト運転技能者、移動式クレーン運転士、クレーン・デリック運転士、危険物取扱者乙・丙種など。

こうした資格は、短期の講習受講と試験で取得可能です。

資格がなくても大丈夫?

工場で働きたいけど、資格は何も持っていない。

やっぱりこうした資格を先に取得して、それから働いた方がいいだろうか。

こうしたことでお悩みのお方もいらっしゃるかもしれません。

大丈夫です!

工場勤務は資格がなくてもできます。

それに、工場で働いているうちにもっとも必要な資格が分かってきますし、「資格取得制度」などで比較的損をせず取得できることもあります。

資格があれば、もちろん採用率UPはするでしょうが、もともと持っているわけでないのなら、わざわざ取得することはおすすめしません。

はじめに書いたように、自分のしたい仕事が固まってから、それに必要な資格を取っていく方がスムーズだと思います。

やりたくない資格を持っていても、資格を持っているがゆえにやりたくない仕事ばかりする羽目になるのですから。

期間工という選択

期間工という選択があります。

自動車工場や半導体工場で、期間を定めて働く契約社員です。

この期間工は、月収例が30万円以上、年収400万円という高待遇。

社会保険は、健康保険、厚生年金、雇用保険、労災など完備。

その他、福利厚生も充実しています。

工場が遠方であれば、寮費が水道光熱費込みで無料の寮に住み込んで働けます。

食堂もあり、食事補助も出るので生活費は数万円程度。

収入のほとんどを貯金にまわせるので、短期で稼ぎたい人に人気。

期間満了後は、資格取得支援の制度もあり、工場勤務希望者にはおすすめの雇用形態です!

契約先は、トヨタ、日産、デンソーなど大手企業ばかり。

応募資格は18歳以上であれば誰でも応募できます。

必要な資格はありません。

工場勤務は、期間工からはじめることを強くおすすめします!

まとめ

工場に関する資格についてみてきました。

ここでご紹介した資格はほんの一部で、工場系の資格にはまだまだたくさんの種類があります。

なかには、工場の種類によっては持っていても仕方のない資格も。

また、実務経験が何年か必要なものも多いです。

だからこそ自分がやりたい仕事をしていくうえで、一つひとつ必要な資格を取得していくのが一番。

そうすることで、実務経験も知らぬ間に満たしているということがありますから。

まずは期間工で工場勤務をおすすめします。

期間満了で貯蓄ができますから、その後に資格を取るのもいいですし、資格取得支援制度のある求人をうまく利用するのも方法でしょう。

みなさんが工場勤務で成功されることをお祈りしています!



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録