【知恵袋まとめ】期間従業員情報|バイト・求人探しはcoper

【知恵袋まとめ】期間従業員情報

更新日:2017/08/28 15:06:03

期間従業員の情報をお探しの方、

期間従業員の情報はたくさんありますが、本当に知りたいことは載っていないというところでしょうか。

ここでは、普段「知恵袋」などで検索されている質問が多いものをピックアップして、細かなところまでお応えしていこうと思います!

仕事をお探しの方なら、給料はいい方がいいし、お休みも多い方がいい。

人間関係は良好に保てる方がいいし、ストレスはない方がいい。

未経験でも、経験者でも、男性でも、女性でも、簡単にできる仕事ならなおいい。

健康保険や厚生年金、雇用保険、労災など、福利厚生はしっかりしててほしい。

誰もがこういう希望をお持ちではないでしょうか。

期間従業員という雇用形態には、こうしたメリットが多く含まれていて、おすすめの求人といえるのです。

このように、仕事を探している人ならどの人にも損をしない情報をお伝えします!

期間従業員と派遣社員ならどちらが損をしない?

期間従業員と派遣社員の違いについては、雇用形態のしくみを知っていなければ、簡単には区別がつかないものあります。

期間従業員とは、トヨタやホンダなどの大手企業と直接雇用契約を結ぶ雇用形態。

派遣会社から大手企業に派遣される派遣社員とは違います。

派遣社員は、派遣元企業に雇用されます。

期間従業員の特徴として、寮に住み込んで働くという就業スタイルです。

寮は大手企業が保有し、寮費は水道光熱費込みで無料。

食堂や食事補助もあり、家電充実していてすぐに引越しが可能です。

こうしたスタイルが期間従業員の特徴でしたが、最近では、派遣社員でも寮に住み込んで働くというスタイルが出てきて期間従業員との差がますますわかりにくくなっています。

期間従業員と、派遣社員の決定的な違いは、雇用先企業。

期間従業員は大手企業に直接雇用されるため、大手企業の正社員登用制度や、福利厚生を受けることができ、満了報奨金なども受け取ることができます。

派遣社員は、雇用先が派遣会社となるため、大手企業の正社員登用制度を利用できず、福利厚生も派遣会社のものとなります。

寮費が必要であったり、満了金が支給されなかったりといった部分が、期間従業員との違いです。

給料や、その他の待遇が期間従業員よりいい場合があるので注意が必要です。

期間従業員なら、どの企業が損をしない?

期間従業員であっても、雇用先企業によってもちろん待遇には差があります。

期間従業員といえば、「短期間で稼ぎたい人」に人気。

そのため、休日出勤、夜勤が多い方がいいとか、寮の環境より手当が多い方がいいという期間従業員が多いようです。

ただ、現在では「寮がきれいな方がいい」「お休み重視」「残業はしたくない」「夜勤なし」「正社員になりたい」などの期間従業員の求人もあり、企業ごと、工場ごとにその特徴が違うのが現状です。

稼ぎたい人であれば、トヨタ、デンソーなど。

お休み重視、残業なしなどであれば、ホンダや日野。

寮がきれいなのは、各企業とも工場ごとに違いがあり、比較的新しくできた工場の寮は綺麗であるといえます。

正社員になりたければ、アイシンAW、トヨタなど。

こうした特徴を知っていなければ、稼ぎたいのに残業も夜勤もないということになります。

期間従業員は、仕事が楽ではないだけに、きちんと希望通りの工場を選ぶことが大切です。

期間従業員の寮は、どこが一番快適?

期間従業員の寮には、ある程度のタイプがあります。

個室なのか、相部屋なのか。

個室であれば、完全個室なのか、共用スペースありなのか。

自炊できるのか。

現在の期間従業員の寮では、相部屋というのはほとんどありません。

昔は二人部屋だったという部屋でも、今では個室に改装してある場合がほとんどです。

ただ、たいていの場合、共用スペースがあります。

洗面台、風呂、トイレ、食堂、洗濯スペース、自炊スペースなど、こうした部分は共用となっている場合が多く、ある程度の共用生活をしなくてはいけません。

完全個室の場合、ワンルームマンションのように、洗面台、風呂、トイレ、洗濯機、キッチンなど、すべて部屋にあります。

こうした部屋は、とても少なく貴重。

企業によっても、寮によって全く違う内容ですので、希望の企業と工場が決まれば、検索して寮の環境を比較することが大切です。

期間従業員採用面接はどう攻略する?

期間従業員を希望される方には、若い方も多いですが、女性や40代、50代の方など、転職先に選ばれる方も多くなりました。

こうした方々も、期間従業員の面接対策にはとても関心をお持ちのようです。

面接に関する情報は本当にいろいろ。

履歴書の書き方一つでも、最終学歴だけでいいとか、細かく職務経歴書を作るべきだとか、正反対の内容も多く見られます。

ここで、はっきりといえることは、「世間一般の面接対策となんら変わらない」とだけはいえると思います。

期間従業員の面接はスーツでなくても大丈夫ですとか、最低限のことができていれば大丈夫とか言われることもあります。

ただ、あなたが面接官だったとして、ラフな格好で最低限の用意しかしてこなかった人と、スーツで決め、なにかからなにまで準備してきた人なら、どちらを採用しますか?

まず、履歴書は細かなところまで丁寧に記入し、クリアファイルなどに入れて持参しましょう。

服装はスーツがベスト。

スーツでなくてもラフすぎない服装を。

期間従業員の面接対策は、質問内容なども詳しく調べられますので、事前に調べておくことがポイントです。

まとめ

期間従業員について、詳しく見てきました。

期間従業員といっても、企業ごと、工場ごとに細かな部分まで条件が違うことが多く、ひと言で回答できないのが現状でしょう。

なかには、同じ企業でも工場ごとに給与の違うところもあり、隅々まで確認しておくことが大切。

給与額、手当の種類と額、寮の環境など、どれも同じだと思っていると、大きく損をすることになります。

また、派遣社員とも条件は違い、それぞれのメリット、デメリット、自分の希望にあう条件はどちらなのかを知っておくことが重要。

期間従業員の仕事は、簡単ではありますが、けっして楽ではありません。

なので、モチベーションを保つためには、希望に合った条件で働くことがとても大切。

応募前に、疑問に思ったところはきちんと調べたり、問い合わせるなどして納得しておいてくださいね。



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録