『徹底解説!』キヤノンで働くなら期間工一択!!!!|バイト・求人探しはcoper

『徹底解説!』キヤノンで働くなら期間工一択!!!!

更新日:2017/08/25 15:50:31

この記事を読まれている方は、きっと「期間工で働くならどの会社がいいのかな?」「期間工ってぶっちゃけどれくらい稼げるの?」などと、不安な点を抱えながらインターネットをご覧になっていると思います。

確かに、期間工と一言で言っても、待遇や仕事内容も様々ですし、不安になるのも無理はありません。そこで、今回はそんな期間工についてとにかく知りたい!という方の為に、キャノンの事例などをご紹介しながら、詳しく解説していきたいと思います。
 

◇キヤノンに起こった派遣切りの詳細!

まず、期間工について語る前に、世の中の様々な雇用形態の実態について、触れておきたいと思います。なぜなら、期間工のメリットをより感じていただきたいからです。

世の中には、主に「正規雇用」と「非正規雇用」という二つの働き方があります。詳しい解釈については、別の記事でご紹介したいと思いますが、簡単に言うと「正規雇用は正社員」「非正規雇用は派遣社員や請負社員」の事を指します。つまり、安定した雇用か、不安定な雇用か、という違いです。

ちなみに派遣社員も立派な働き方ではあるのですが、やはり雇用期間が短いという点に於いては、やはり注意をしておく必要があります。皆様もご記憶にあると思いますが、キャノンの大分工場で発生した派遣社員の雇用に関する事件…。年の瀬の12月に雇用を切られ、寮までを追い出された、派遣切りの事件の事です。このような実態を考えると、やはり派遣社員よりは直接雇用の社員のほうが安定していると言わざるを得ません。派遣社員は一般的に2ヶ月単位での契約となりますが、直接雇用の社員なら契約社員でも最低6ヶ月以上の契約となりますので、万一契約終了の際にも余裕がありますので、次の仕事も探しやすくなり、やはり安定しています。
 

◇キヤノン期間工にしかないメリット

◇メリット①直接雇用の特権!雇用が安定!

前の項では、非正規雇用と正規雇用について軽く触れましたが、みなさんが興味を持たれている「期間工」の安定度はどんな感じなのでしょうか?

まず、派遣社員と期間工の違いから各々を比較すると、まず契約期間の設定から異なります。派遣社員が2ヶ月の契約期間なのに対し、期間工は最低でも6ヶ月以上の契約となります。また殆どの期間工は、1年~2年(最長でも2年11ヶ月)という長い期間勤務しているケースが殆どです。

次に、雇用主についても違いがあります。派遣社員については、雇用主が派遣会社となりますが、期間工の場合は勤務先のメーカーなどに直接雇用される事になります。

では、どちらの働き方が安定しているか?

それは、もちろん直接雇用の期間工です。なぜなら、メーカーの直接雇用の社員になるという事は、企業側も社会保険なども適用する必要があり、それなりのコストがかかります。つまり、それほどコストをかけて採用している社員を、そう安々と雇用を切ったりしないのです。万一雇用を終了する場合でも、余裕をもって事前告知をしてくれます。したがって、「安定」を求めるなら、断然派遣社員より期間工などの直接雇用社員をお勧めします。
 

◇メリット②正社員になる事も可能?!

期間工として直接雇用の社員として働くメリットは、他にもあります。

それは「期間工の勤務が終了した後で、正社員になれるチャンスがある」という点です。

もちろん、正社員になる為には、上司の推薦をもらったり、規定の試験をパスするなど、若干のハードルを越えないといけませんが、大手自動車メーカーや電機メーカーの正社員になれるのは、相当の魅力があります。今や、新卒社員でも中々入社できない、大手メーカーで正社員として採用されるチャンスがあるのですから、やはり期間工はチェックしておきたい職種の一つですね。

では、正社員になるとどんなメリットがあるのでしょうか?

それは、ずばり「終身雇用」でしょう。

いくら日本社会が昔と異なり、終身雇用する会社が少なくなったとはいえ、やはり正社員ですから簡単に雇用を打ち切るのは法令違反となります。よほど社員が法令違反をするなど、トラブルを起こさない限り、会社は雇用を継続する義務があります。したがって、特に問題を起こさずに、真面目に働いておれば、定年まで勤め上げることも可能なのです。

 

◇メリット③期間工が暮らす寮ってどうなの?!

期間工のメリットは、「雇用の安定」だけではありません。

様々な福利厚生や待遇面にも注目したいメリットがたくさんあります。

その中でも、最も注目したいのが「期間工の寮のメリット」です。

 

企業が期間工を募集する場合は、短期間で人材を集める必要がある為、比較的待遇を良くして、人材募集を行います。その一つが「寮の待遇」という事になります。

期間工が住む寮の最大のメリット。それは「寮費が無料」という点です。都内でも1人暮らしをすれば、最低でも6万円~8万円程度の住居費用が必要ですが、期間工はワンルームタイプの寮に無料で住むことが可能です。

また、寮にはエアコンや照明などの家電製品も無料で設置されており、水道光熱費も無料です。つまりもらった給料の殆どを、貯蓄にまわすことも可能なのです。
 

◇まとめ

いかがでしたか?期間工としての安定性や、寮などのメリットについて、ご理解いただけたでしょうか?仕事をする際に、雇用形態を確認しておく事は非常に大切です。派遣社員も様々な仕事が出来たり、キャリアを積む面ではメリットがある働き方ですが、やはり雇用の安定性という意味では、期間工よりも劣る部分がたくさんあります。この記事を読まれている方で、とにかく安定して稼ぎたい!という願望をお持ちの方は、是非期間工についてもよくチェックしてみてください!きっとあなたに合った期間工の求人が見つかるはずです。ちなみにですが、期間工として働く場合、勤める企業によっても異なりますが、年収400万円以上を狙うことも可能です。高収入で、しかも安定しているとなると、やはり期間工は一度チャレンジしてみたいものですね。



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録