テクノサービスで求人探しなら期間工を選ぶべき!?|バイト・求人探しはcoper

テクノサービスで求人探しなら期間工を選ぶべき!?

更新日:2017/08/22 12:18:34

(株)テクノ・サービスで仕事をお探しの方へ、損をしない求人情報をお届けします!
製造業、工場での求人をお探しであれば、自分の希望とスタイルにあった企業と雇用形態をしっかりと把握しておくことが、損をしないための秘訣。
現在の人材サービスでは、雇用形態が複雑化していて、自分のスタイルに合わない雇用形態を選択すると大きく損をすることになります。
そのため、雇用形態をしっかりと把握し、自分にあったものを選ぶ必要があるのです。
たとえば、自動車工場で働く場合、企業ごと、工場ごとに「手当」「休暇」「寮生活」「通勤」「食事の質」など、大きな差が出てきます。
自分が「稼ぎたい」のか「休みを重視」したいのか「生活、プライベート」を大切にしたいのかなどで、選ぶ企業、工場が変わってくるわけです。
雇用形態も同様。
「アルバイト」「パート」を探しているのか、「派遣社員」で働くのか、「正社員」で働くのか、「期間工」で働くのか。
収入を重視するのか、安定を重視するのかなどで、選択肢はまるで変ってくるのです。
なかには「紹介予定派遣」や「無期雇用派遣」などという新たな雇用の形もたくさん出てきています。
こうしたことは、自分で意識しなければ、求人情報からはほとんど伝わってきません。
後から気づいたのでは、遅い場合もあるのです。
ここでは、そうしうた違いを徹底的に解説していきます。

テクノサービスは製造業・工場の人材派遣会社

(株)テクノ・サービスは、製造業、工場系の人材派遣会社、労働者派遣事業の会社です。

「働くナビ!」という製造系求人サイトを運営しており、こちらには製造系の派遣求人が豊富に掲載されています。

雇用形態は「派遣社員」

採用後は、(株)テクノ・サービスと雇用契約を結び、就業先企業へ「派遣」されることになります。

「働くナビ!」の求人一覧には、魅力的な求人情報がたくさんあります。

お休みも土日休み、土日祝休みなどという求人もちらほら見られ、お休み重視の方には良い内容かもしれません。

求人情報一つひとつに仕事番号が振り分けられていて、気に入った情報は「保存する」を選択するとキープできます。

ただし。掲載期間の表記は見当たりませんので、掲載終了には注意しなくてはいけません。

全体に見やすい構成になっていて、求人掲載数も1万件以上!

自分の情報を入力して登録しておくと、条件の合った求人を探してくれるのもポイント。

派遣社員での製造業、工場の求人を探すなら、「(株)テクノ・サービス」の「働くナビ!」は有効です。

というのも、先ほどから何度も書いているように「雇用形態」にもたくさんの種類があり、それぞれにメリット、デメリットがあるのです。

「派遣社員」にも、「有期雇用派遣(登録型)」「無期雇用派遣(常用型)」「紹介予定派遣」などがあり、この3種類だけでもかなり内容が変わってきます。

雇用形態の複雑化「派遣社員」

普通、派遣社員というと「有期雇用派遣」「登録型派遣」のことを指します。

派遣会社に登録し、人手が足りないときに、人手が足りない企業に派遣される雇用形態です。

通常、給与は「時給制」で、交通費の支給はなく、賞与も原則ありません。

人材が安定すれば契約は終了となり、予期せぬ失業がありえます。

これに対し、最近多く見られるのが「無期雇用派遣」「常用型派遣」という雇用形態。

こちらは、派遣会社に登録するのではなく、派遣会社の正社員として雇用されます。

派遣会社の正社員として派遣先に派遣されますので、派遣先で人員に余剰が見られても、次の派遣先に派遣されることになり、安定して仕事を得ることができます。

また、給与は「月給制」となり、交通費も支給、賞与も正社員ですので支給され、その他の福利厚生も派遣会社のものを適用されることとなります。

「紹介予定派遣」とは、最終的に派遣先企業での雇用を前提とした派遣になります。

メリットとして、本当に就職したい企業かどうかを、派遣期間中に確認することができること。

この間に、企業側も本当に欲しい人材かどうかを見極められるということで、双方にニーズのある雇用形態として近年人気を得ています。

製造業なら期間工がもっとも効率的

こうした「派遣社員」という選択肢のほかに、製造業ならではの雇用形態「期間工」があります。

期間工は、「期間契約社員」「期間従業員」などともいわれ、製造業では有名な雇用形態。

派遣社員とのはっきりした違いは、就業先企業と直接雇用契約を結ぶこと。

たとえば、(株)テクノ・サービスの有期雇用派遣でトヨタの工場で働く場合、(株)テクノ・サービスに登録して、一定期間「(株)テクノ・サービス」の社員としてトヨタに派遣されます。

また、無期雇用派遣の場合、(株)テクノ・サービスの正社員としてトヨタに派遣されます。

期間工の場合、(株)テクノ・サービスのような「人材紹介サービス」を通したとしても、実際に雇用契約を結ぶのは「トヨタ」とになり、トヨタの契約社員となります。

そのため、福利厚生なども「トヨタ」の社員として利用することができます。

ここが派遣社員と期間工の大きな違い。

また、期間工は、最短3ヶ月から最長35ヶ月という期間契約になります。

3ヶ月ごとに契約を更新して、最長35ヶ月まで働くことができ、この3ヶ月ごとの期間満了の度に「満了金」という賞与が支給。

これが期間工の大きな特徴でもあります。

この満了金を筆頭に、期間工の待遇の良さは派遣社員とは比べ物にならず、その待遇の良さから、製造業で働くなら期間工がもっとも効率的であるといえるのです。

期間工の待遇はなにがそんなに良いのか

期間工といえば、自動車製造にかかわることがほとんどです。
そのため契約する企業は、トヨタやホンダなどの国内最大級の企業。
給与は、日給にして10,000円前後で、これに残業手当、深夜手当、休日出勤手当、皆勤手当などが支給されます。
月21日として毎日1時間程度残業し、1日休日出勤をすれば、月収例は30万円を超えます。
さらに、期間工には「入社祝金」というものが入社時に支給されます。
これは一般求人のように「1万円支給」といったかわいいものではなく、下手をするとひと月分の給料に匹敵、あるいはそれ以上の額が支給されるのです!
さらに前述の「満了金」があります。
満了金は、企業によって額が違いますが、トヨタであれば35カ月満了でトータル300万円を超える額になるのです。
また、工場のある場所、勤務地は決まっていますから、採用されれば住み込みで働くことになる場合がほとんどだと思います。
そのため、寮は完備されており、寮費は水道光熱費込みで無料。
敷金礼金ももちろんいりません。
食堂も大抵は完備されていて、月の生活費はわずかな食費と消耗品費のみ。
こうした待遇から、収入のほとんどを貯金にまわせるということで、「稼ぎたい人」に人気の雇用形態なのです。
正社員登用制度も導入されていますので、大企業の正社員になりたいという人にも選択肢として考えていただけると思います。

期間工の仕事の内容はこちら

このように高待遇な期間工ですが、メリットばかりではありません。
期間工の待遇の良さにはもちろん理由があります。
それが「慣れるまでは仕事がきつい」ということ。
作業内容自体は、未経験者でもできる簡単なものです。
求人情報にも、「未経験OK」「未経験者歓迎」の文言が多く見られます。
作業自体が難しいということではないようです。
ただ、反復して同じ動作をすることが多く、そのため慣れるまでは筋肉痛がひどいとか、へとへとになるといった体験談が見られます。
はじめの1か月で同僚の半分が辞めてしまったという話も。
それでも、仕事情報には「女性歓迎」などの掲載も多く、慣れてしまえば女性でもできる仕事だといえます。
では、実際に期間工はどんな仕事をしているのでしょうか。
自動車製造の工程には、「プレス」「溶接」「塗装」「組立」「検査」などの過程があります。
このそれぞれに期間工が配属され、それぞれで作業内容に違いがでます。
そのため、期間工の仕事には「あたり」「はずれ」も。
「プレス」では、金属板を機械にセットしたり、プレス後のフレームを機械から外したりします。
ごく簡単な作業ですが、やはり反復した動作を1日中行うということで、慣れるまではつらい仕事といえます。
「溶接」でも同じで、フレームを機械にセットして、機械を操作。
「塗装」では、洗浄、研磨、機械でできない部分の塗装が期間工の仕事。
「組立」では、内装やエンジン、バンパーなどを取り付けていく作業。
「検査」は、膨大な数の項目を目視などで検査していきます。
このように、作業内容自体はごく簡単なものです。

寮生活も不安要素のひとつ?

寮での住み込みとなると、抵抗のある人もあるかと思います。
共同生活のイメージはあまりよくありませんね。
最近では「シェアハウス」などが流行しているので、そういうのが好きな人にはもってこいかもしれません。
ただ、現在の「寮」は、相部屋などは皆無。
ほとんどが「個室」で、共用スペースは風呂場やトイレ、食堂、洗濯スペースなど。
共同生活といっても、ワンルームマンションのような感覚で生活することができます。
ただし、これも自分に合った寮を考えて求人を探すことが大切です。
なかには、レオパレスを借り上げたり、ビジネスホテルだったものを改装したりといった寮もあります。
こうした寮は、大手の場合寮費は無料、水道光熱費も無料。
食堂があり、食事補助も出ます。
家電充実で、部屋には、テレビ、エアコン、冷蔵庫、クローゼット、カーテン、ベッドなどが完備。
かばん一つで入寮できます。
赴任旅費も支給されますので、寮までの交通費もいりません。
遠方からの場合でも、出費なしで仕事につくことができるよう配慮されています。
こうした寮の情報も、ネット上にたくさんありますので、自分に合った寮を探してください。
プライベート重視であれば、部屋にキッチン付きで自炊OKの寮もありますし、食堂がいい人でも、食堂の評判や値段はそれぞれ違います。
ここでも、事前の情報収集が大切ですね。

期間工に応募するなら専門サイトへ

期間工の求人は残念ながら派遣専門の(株)テクノ・サービスでは見つけられません。
また、入社祝金などは応募するサイトによって金額が違ったりします。
特典やキャンペーンでも、かなり待遇が変わってきます。
なので、複数のサイトでしっかりと比較することをおすすめします。
ここでは、「期間工」の求人に特化した「期間工.jp」をご紹介しましょう。
期間工.jpは、株式会社アウトソーシングの運営するサイト。
掲載されている求人はすべて期間工ですので、派遣求人やその他の雇用形態の求人がなく、比較的すっきりとして見やすい構成になっています。
企業別にアイコンが並べられていますので、気になるアイコンをクリックするだけ。
こちらのサイトから応募すると、面接前日に現地入りし、面接指導を受けて、その日は天然温泉のあるホテルで宿泊。
面接にかかる、交通費や宿泊費、面接指導の受講料などすべて無料。
また、担当のスタッフがつき、さまざまなアドバイスを受けられると同時に、入社後の悩み相談などにも対応してくれます。

まとめ

製造業、工場で働くなら、どう考えても期間工が一番です。

稼ぎたいならもちろんですが、夜勤が嫌、休みが多くほしいなどのニーズにこたえる企業もたくさんあります。

派遣で仕事を探す場合、短期だけがいいからなどの理由がるでしょう。

期間工は3ヶ月からの短期で働けますし、正社員登用がありますので、正社員を目指す方にもおすすめです。

そうした自分の希望に合った求人をしっかりと探せば、期間工ほどの高待遇はほかにはないでしょう!



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録