工場勤務のパートって実際どうなの?辞めたほうが良い?|バイト・求人探しはcoper

工場勤務のパートって実際どうなの?辞めたほうが良い?

更新日:2017/07/11 15:24:37

今回は、工場でのパート勤務の仕事を探している方の為に、役に立つ情報をお届けしたいと思います。「工場のパート勤務」と聞くと、正直、賛否両論意見が分かれると思います。「仕事が単調で給料が安い」という意見がある一方で、「顧客相手の仕事じゃないので、対人関係のストレスがなくて、仕事に集中できる」という意見もあります。

今回の記事では、そんな工場勤務のパートの求人情報をチェックしていきます。そして、工場でのパート勤務よりも、もっと条件のよい仕事がないのか?という点も、確認していきたいと思います。

工場勤務でパートで働くとこんな求人がある!

では、早速工場勤務のパートの求人情報をチェックしていきましょう。求人の内容から、どんな仕事をして、どれくらいの時給が相場なのか?確認していきたいと思います。

以下が、工場勤務のパートの求人情報の一例です。

1. ダイビングで着るウェットスーツ製作の軽作業の求人

仕事内容は、工場で、ウエットスーツ生地の縫製作業を行う仕事となります。時給は930円からとなっていますが、縫製の経験者は優遇されるようです。逆に未経験だと、一ヶ月働いても総支給で20万円を切ってしまいますから、少し待遇面では厳しくなります。ただ、勤務時間が9時~16時までですので、女性で子供が居たりする方には最適な職場かもしれません

2. 工場等で使う温度を計るセンサーの組立のパートの求人

工場で、配線をカットし、配線の端を簡易処理し、製品にして巻き直すという事をひたすら繰り返す仕事になります。気になる待遇は、時給が1,000円という事ですが、求人サイトにもあるように、月に20日働いたとしても、月収は14万程度にしかなりません。しかも、上記の三つの単調な仕事を繰り返すので、単調な仕事が嫌いな方には、少々辛いかもしれません

3. 菓子工場でのパンシール貼りのパートの求人

スーパーなどによくある菓子パンに、賞味期限のシールを貼る仕事です。気になる待遇は、時給で900円~1,125円となっていますから、これまでご紹介した求人の中では、比較的高時給です。しかし、この求人の難点は、短期勤務という事です。働きたくても長期での勤務は難しいかもしれません。しかし、週払いでお給料がもらえるところがメリットです。

以上の通り、工場勤務のパートで働くといっても、求人数は多いものの、時給が低かったり、非常に単調な仕事だったり、または長期で働けないなど、少し条件が悪い求人が多いのが気になるところです。


工場勤務でのパートの仕事ってつらいの?工場パート体験談!

では、工場勤務のパートで働いている方からは、実際どんな口コミが投稿されているのか?少しチェックしてみたいと思います。

<大阪府に住む、32歳Yさん 食品工場パート勤務>

「子供の手が離れたので、少し仕事をと思って、求人情報を探していたら、近所の惣菜工場のパートの募集があったので、応募して採用されました。料理の仕事ならできるかなって思ってましたけど、実際はキツかったですね。とても湿気が多い工場で、しかも惣菜の匂いを一日中嗅ぎながら仕事をしないといけなくて…。これだけ辛いのに、自給は900円って、そんなに高くもない。もうすぐ辞めるかもしれません」

<埼玉県に住む 29歳Hさん、精密部品工場パート勤務>

「もともと工場でいくつかのパート勤務を経験していたので、精密部品工場もいいかなって思って応募しました。勤務は15時まででしたので、夜の時間も自由に使えるので、最初はいいかなって思ってました。でも、独身でこれからの将来を考えると、このままパートでいいのかなって思うようになって、やっぱり将来性とか、仕事のやりがいがないと辛いなって思うようになりました。」

<三重県に住む 33歳Kさん 家電部品の工場パート勤務>

「お給料や待遇などは、全く問題ありません。でも、それもパートを基準に考えるからで、正社員と比較すると、やっぱり低いですけどね。仕事も、最初は単調な仕事でも、ストレスなくできるかなって思ってたんですが、だんだんその単調な仕事内容に飽きがきてしまって、なかなか辛い毎日が続いています。もう少しやりがいがある仕事に転職しようかなって思ってます。」

以上の通り、パートで工場勤務をする場合は、気軽に就職できるという良い面がある一方で、「単調な仕事内容で辛い」「将来性や、やりがいがない」といった、意見も聞こえてきます。やはり、長くモチベーションを保ちながら勤務する為には、将来性ややりがいは、お給料よりも大事なのかもしれません。

 

工場でパートするなら期間工と呼ばれる仕事も検討しませんか?

では、ここまでご紹介したパート勤務の口コミですが、なぜこんなにネガティブな口コミが多いのでしょうか?

実は、パート勤務で比較的条件のよい仕事を探すためには、ちょっとしたテクニックが必要なのです。さらに、同じ工場勤務として働く場合でも、その働き方に工夫が必要です。ここからは、そんな「テクニック」と「働き方の工夫」について、こっそりみなさんに教えたいと思います。

まず、条件が少しでも良いパート勤務(工場の製造・ライン作業など)の求人を探す方法ですが、それは「派遣会社を上手く使う」という方法がおすすめです。実際のところ、パートを希望している方というのは、家事が忙しかったり、現在も別の仕事をしていて、なかなか職探しの時間がとれないのが実状です。その点、派遣会社なら豊富な求人を用意してくれていますし、希望の条件(希望給与・勤務時間・希望勤務地など)を伝えておくと、派遣会社から連絡をくれるようになっています。また、一般の人が直接パートで勤務するよりは、その1.5倍程度の時給をもらえるようになっています。

また、パートの働き方を工夫する…という点についてですが、これは「期間工として働く」という方法を一度試していただきたいのです。期間工というのは、工場で製造ラインでの仕事を担当するというのは変わりないのですが、ある程度の期間(6ヶ月・1年・2年)を決めて、働く方々の事を指します。特徴としては、高額給与がもらえたり、寮が無料で使えるなど、福利厚生が充実している点です。例えば、普通のパート勤務なら、20日勤務で15万円程度の給料しかもらえませんが、期間工なら30万円程度の高額給与を得ることが可能です。また、勤務時間外はしっかりプライベートに使えるというメリットもあります。

 

同じ工場勤務なのに期間工のほうがパートよりも給料が高い

では、そんな条件の良い期間工ですが、なぜそんなに待遇が良いのか?また実際の待遇はどんなものなのか?早速チェックしていきましょう。

まず、派遣会社を経由して、期間工として働くと、なぜ時給が良いのか?という点についてです。派遣会社というのは、人材を確保して、企業からの求人ニーズにすぐに応えて労働力(人材)を派遣する、という事を行っています。派遣会社に依頼する工場としては、自社で人材募集の広告を出す必要もありませんから、そのコストを抑えることができます。その抑えたコストを派遣会社に払って、「すぐに」「良い人材」を提供してもらうように依頼する事ができるのです。そのような背景がある為、派遣会社で期間工として働くと、普通のパートで働くよりは、高い時給がもらえるのです。実際のところ、どれくらい時給が異なるかというと、通常の工場勤務のパートでは、時給900円~1000円といった相場ですが、派遣会社で期間工として働いた場合には、時給1400円~1600円程度になる事があります。

また、派遣会社から期間工として働く場合には、上記の基本給以外にも、様々な手当てが支給されます。例えば「入社祝い金」です。会社によっては様々ですが、通常は入社祝い金が5万円~10万円支給されます。先でも触れた通り、求人を出している工場側は、人材募集の広告費用を削減して、このような入社祝い金をたくさん出して、良い人材を確保しようとしているというわけです。

 

工場勤務の期間工であれば全国各地で、面接を受けれる

パートの勤務を希望する女性の中には、独身の方や既婚者の方も居ます。特に既婚者の方に於いては、家の事情、特にご主人の転勤にともなって、その度にパート先を変えないといけないという方もいらっしゃるかもしれません。もし、普段工場勤務のパートで働いている既婚者の方が、ご主人の急な転勤で引越しする…となると、通常は転勤先・引越し先で、新たなパート先を自分で探さないといけなくなります。

しかし、先の項でも触れた「派遣会社を通して期間工として働く」というスタイルを選択した場合には、そんな心配は無用です。派遣会社は企業からの人材のニーズにすぐに応えないといけないので、全国各地で面接会場を用意してくれています。したがって、例えば大阪で住んでいる主婦の方が、大阪で期間工の面接をして、東京へ引っ越した後、すぐに期間工として働くといった事も可能なのです。しかも、全国で実施されている面接は、各地の会場で、一ヶ月に3回~5回程度実施されていますので、自分の都合で面接に行くことも可能です。
 

まとめ

以上、今回は工場勤務でパートの仕事を探しておられる方の為に、とっておきの情報をお届けしました。では、もう一度ポイントをおさらいしておきましょう。

  1. パートで工場勤務の求人を探すと、求人数は多いが、給与や仕事内容などの条件が悪い場合がある。
  2. パートの工場勤務は、仕事が単調だったり、きつかったり、やりがいが少ない仕事が多い。
  3. パートで工場勤務をするなら、派遣会社から期間工として働くというスタイルが良い。派遣会社ならパートの時給の1.5倍以上もらえるし、入社祝い金なども支給される。

以上、同じ仕事をするのでも、自分で仕事を見つける場合と、派遣会社に依頼する場合、さらに一般の工場勤務のパートとして働く場合と、工場勤務の期間工として働く場合、驚くほど条件が違うという事をおわかり頂けたでしょうか? 是非今回ご紹介した記事を参考に、今後の仕事探しのお役に立てれば嬉しく思います。



完全無料・カンタン1分期間工特化型エージェントであなたにぴったりの超高待遇求人を教えてもらう

お電話でもカンタン登録